Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

気にある話題やお役たち豆知識を綴るブログ

YUYOULife

経験・雑学

何で焚き火に火が付かない?上手な火の付け方で火起こしマスターになろう!

投稿日:

キャンプやBBQで楽しみのひとつである焚き火。

しかし焚き火をしようと思ってもなかなか火が付かなかったり、

苦労したことはないでしょうか?

この記事ではキャンプをする際の上手な焚き火の方法と、

おすすめのアイテムをご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

 

焚き火に必要な道具と火起こしの準備

火起こしに必要な道具を揃える

焚き火台

焚き火台

直火禁止のキャンプ場に欠かせないのが焚き火台です。

コンパクトなものや設置が簡単なもの、フォトジェニックなものまでいろいろな種類があります。

着火道具

ライターやマッチなど火を付ける道具になります。

マッチなら防水タイプのものが良いでしょう。

キャンプ場で売っている場合もありますが、なければ松や杉、楢やクヌギなどの木材を選びましょう。

海や川でしたら流木でも大丈夫です。

焚き付けに必要な松や杉の葉、樹皮や小枝なども用意しましょう。

集めた薪を焚き火に合ったサイズにカットする道具です。

鉈以外に小刀もあれば更に便利です。

手に馴染むものを使い、怪我をしないように気をつけましょう。

トング

長さや重さなど使いやすいものを選びましょう。

手袋

焚き火の熱から手を守るためにも耐熱性の手袋を必ず着用しましょう。

スポンサーリンク

 

火起こしの準備

薪割り

薪

薪割りをする際は、手にささくれが刺さらないように必ず軍手や革手袋を着用しましょう。

薪の中心に鉈を添え、軽く振り下ろして刃を食い込ませます。

食い込んだらそのまま土台に叩きつけ数回に分けて薪を割っていきます。

焚き付け用として別に薪を鉈で細かく割ります。

さらにそれを小刀で毛羽立たせると火起こしの際に着火しやすくなります。

薪を組む

焚き付けとなる細かい薪や木の枝、葉っぱを焚き火台に置きます。

焚き付けの材料が少ないと火が付かない原因になるので、できれば多めに用意しておくと良いでしょう。

そして中太の薪を交差させながらできるだけ高く組み上げていきます。

 

火起こしをしてみよう

火を付ける

焚き付けとなる細かい材料に火を付けていきます。

前後左右あらゆる方向から付けるのがポイントです。

一通り火が付いたらそのまましばらく待ちましょう。

 

ここで焦って薪をいじると火の勢いが弱まってしまうので注意が必要です。

火が舞い上がってきたら少しずつ太い薪をくべていきます。

そして太い薪に火が付き温度が上がると、安定した熾火になり焚き火が完成します。

 

【焚き火におすすめのアイテム】

スノーピーク/焚き火台L

大人数で焚き火を囲むにもおすすめの焚き火台です。

シンプルなデザインが特徴で、丈夫な造りになっています。SとMサイズもあります。

ほんまもん/火造り鉈210㎜

切れ味が鋭い青紙鋼を使用しているので、わずかな力でも簡単に木を切ることができます。

重量は約560gと軽めで、女性や初心者の方におすすめです。

ファイヤースターター/火起こしアイテム

風や雨、温度に左右されずに火起こしができるアイテムです。

ホイッスルも付いていて何かあった時の防犯にも使えます。

スポンサーリンク

 

 

最後に

焚き火を囲みながらみんなでワイワイお話ししたり、食事をしたりすることはとても楽しいひとときですよね。

万全な準備と火起こしのコツを掴めば、もっと焚き火が好きになると思います。

-経験・雑学
-,

Copyright© YUYOULife , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.